huppa
「ふるっぱ」とは歳をとってしまった鶏。
屠殺しても、肉はかたく、ふつうは商品にはならない。
見方を変えれば、コリコリとして歯ごたえのある肉、とも言える。
それが薄切りされているのが、そばに乗っかっている。
知恵と美味の蕎麦。それが「ふるっぱ蕎麦」である。
鶏のだしのにじむつゆも、じつに旨い。

山形県山形市と長井市をつなぐ国道348号線を走る。
南陽市小滝にあるこの蕎麦屋「ゆかりや」は348号線沿いからわずかに外れている。
古民家の佇まいの、小さな、静かな店だ。
蕎麦は細めで上品。山形によくあるゴツゴツとした田舎蕎麦ではない。
するする、つるつるだ。写真は「ふるっぱ蕎麦」大盛、860円也。

2015.3.20  Mikio Soramame