IMG_5391

IMG_5390


山形県庄内町でカーネーション栽培をしている成澤さんは、家業の園芸を継いで12年ほど。それまではシクラメンと花壇用の花の栽培がメインだった家業に、カーネーションを導入したは、ひとつの勝負でした。カーネーションの主な産地は関東や愛知で、育成の大きな条件は「日照時間」です。山形県の庄内地方は、冬はどんよりとした気候で、十分な日照時間を与えるのが難しいのです。彼は、苗植えの時期を他産地よりもずっと早めるなどの工夫によって、育成の条件をクリア。今では〈毎年、いい品質のものを育て上げている〉と市場関係者からも高い評価を獲得しています。お邪魔した3月上旬は、まだ花を咲かせてはいませんが、これから5月上旬の母の日に向けて、綺麗な花を咲かせるための「大詰め」を迎えます。